June 1, 2018 / 1:25 PM / 18 days ago

米賃金の伸び、失業率低下踏まえるとなお軟調=ミネアポリス連銀総裁

[サンフランシスコ 1日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は1日、賃金の伸びは上向いてはいるものの、失業率の低下を踏まえると、より力強い伸びを予想していたと述べた。

同総裁はミネアポリスで開かれたイベントで、「賃金の伸びはなお低水準にある」と述べた。

朝方発表された5月の雇用統計では失業率は3.8%に低下、時間当たり平均賃金は前年同月比2.7%増となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below