July 11, 2018 / 2:30 AM / 4 months ago

米追加関税こうみる:日本株は神経質、貿易戦争懸念と業績期待が綱引き=みずほ証 倉持氏

[東京 11日 ロイター] -

<みずほ証券 投資情報部長 倉持靖彦氏>

トランプ米政権が追加で2000億ドル規模の中国製品に10%の関税を適用する方針を明らかにし、新たな対象品目リストを公表した。日経平均はこれを嫌気して、直近3営業日に上昇した分を帳消しにする動きとなっている。

中国に対する追加関税は、今のところ金額的にメインシナリオの範囲に収まっているものの、ここから米国がエスカレートさせれば話は別だ。また、米国が自動車や自動車部品などに関税対象を広げた場合、米国と中国の貿易摩擦にとどまらず、世界的な「貿易戦争」の様相を帯びてくる。

為替はやや円高に振れたとはいえ、ドル/円は111円近辺を維持。ユーロ/円も130円台で推移している。この水準を維持していれば総じて企業業績にはプラスだ。今後は貿易摩擦懸念と企業業績への期待の綱引きとなり、日本株は神経質な展開が予想される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below