August 9, 2019 / 9:43 PM / 15 days ago

米金融・債券市場=利回り上昇、米中貿易摩擦巡り混乱

    [ニューヨーク 9日 ロイター] -   
                   米東部時間       価格     利回り  コード
 30年債(指標      17時05分   99*25.50    2.2594%             
 銘柄)                                              
                   前営業日終  100*02.13    2.2470%             
                           値                        
 10年債(指標銘     17時05分   98*29.00    1.7447%             
 柄)                                                
                   前営業日終   99*05.50    1.7150%             
                           値                        
 5年債(指標銘      17時05分  100*26.00    1.5792%            
 柄)                                                
                   前営業日終  101*00.50    1.5370%             
                           値                        
 2年債(指標銘      17時05分  100*06.25    1.6486%            
 柄)                                                
                   前営業日終  100*08.25    1.6170%             
                           値                        
    
                       清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物9月    161*09.00  161*18.00        
 限                                       
 Tノート先物9月    129*22.00  129*29.50        
 限                                       
 
    米金融・債券市場では、米中貿易摩擦を巡る混乱の中、米債利回りが上昇した。一方
、イタリアの政局混迷は投資家の懸念につながった。
    英国の第2・四半期国内総生産(GDP)が前期比0.2%減と、2012年第4・
四半期以来6年半ぶりのマイナス成長となったことも投資家心理の重しとなった。[nL4N2
552UD]
    USバンク・ウェルス・マネジメントの債券調査部門責任者、ビル・マーズ氏は「世
界的な経済指標が引き続き低下傾向にあり、分散投資家として債券を選好する」と述べた
。
    トランプ米大統領はこの日、米国は当面、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェ
イ)        と取引を行わないと表明。これにより米中貿易摩擦への懸念が高まり、米国
株は下落。債券利回りも低下した。
    もっともフォックス・ビジネスのエドワード・ローレンス記者がホワイトハウス関係
者の話として、トランプ氏の発言は連邦各省によるファーウェイ製品の購入のみを禁止す
ることを意味しており、ファーウェイとの取引再開を認めるライセンスに関する商務省の
プロセスは進んでいるとツイッターに投稿すると、米債利回りは上昇に転じた。
    一方、イタリア連立政権を担う極右「同盟」が9日、コンテ内閣に対する不信任案を
提出したことを受け、イタリアを巡る懸念も再燃した。
    終盤の取引で、指標10年債利回りは2.1ベーシスポイント(bp)
上昇の1.736%。7日には2016年10月以来の低水準である1.595%を付け
ていた。
    週間では2週連続で低下。リフィニティブのデータによると、10年債利回りの2週
間の低下幅は約8年ぶりの大きさとなった。
    30年債利回りは0.9bp上昇の2.256%。7日は一時2.12
3%に低下し、2016年7月の過去最低水準(2.089%)に迫った。
    米労働省が9日発表した7月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)
は前月比0.2%上昇と控えめな伸びとなり、食品とエネルギー、貿易サービスを除いた
コア指数は2015年10月以来初めてマイナスとなった。
       
    <ドル・スワップ・スプレッド>
 DOLLAR SWAP SPREADS                                            
                                  Last (bps)  Net Change (bps)  
 U.S. 2-year dollar swap spread   -1.50       1.50              
 U.S. 3-year dollar swap spread   -4.00       1.25              
 U.S. 5-year dollar swap spread   -7.25       1.00              
 U.S. 10-year dollar swap spread  -12.00      1.50              
 U.S. 30-year dollar swap spread  -41.75      1.25              
 
    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below