for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米金融・債券市場=利回り低下、インフレ高進一過性との見方浸透

    [10日 ロイター] -            
                   米東部時間       価格    利回り  コード
 30年債(指標      16時02分  105*08.00   2.1366%  <US30YT=RR
 銘柄)                                             >
                   前営業日終  104*17.00   2.1680%            
                           値                       
 10年債(指標銘     16時01分  101*22.50   1.4402%  <US10YT=RR
 柄)                                               >
                   前営業日終  101*08.00   1.4890%            
                           値                       
 5年債(指標銘      16時00分  100*04.75   0.7195%            
 柄)                                               
                   前営業日終  100*00.75   0.7450%            
                           値                       
 2年債(指標銘      15時52分   99*30.63   0.1469%            
 柄)                                               
                   前営業日終   99*30.13   0.1550%            
                           値                       
    
                       清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物6月    160*29.00  160*12.00        
 限                                       
 Tノート先物6月    133*25.50  133*20.50        
 限                                       
 
    米金融・債券市場では、長期債利回りが米消費者物価指統計を受け
上昇した後、低下に転じた。市場ではインフレ高進は一過性のものとの
考えが浸透しつつあるとの見方が出ている。
     労働省が朝方発表した5月の消費者物価指数(CPI、季節調整
済み)は、前年同月比5.0%上昇し、2008年8月以来、約13年
ぶりの大幅な伸びを記録した。ただ、昨年春に見られた軟調な物価が影
響しており、こうしたいわゆるベース効果は6月以降薄れるとみられて
いる。前月比では0.6%上昇と、市場予想の0.4%を上回ったもの
の、09年6月以来の大幅な伸びだった前月の0.8%からは鈍化した
。    
    これを受け、10年債利回り           は一時1.535%まで
上昇したものの、その後に低下に転じ、終盤の取引では2.2ベーシス
ポイント(bp)低下の1.4671%。
    スターリング・キャピタル・マネジメントのマネジング・ディレク
ター、アンディー・リッチマン氏は「連邦準備理事会(FRB)当局者
は、インフレ圧力の高まりは経済活動の再開に伴う一過性のものとの見
方を示しているが、この日の取引で国債利回りが当初上昇し、その後低
下に転じたことは、FRBのこうした見方がより広く受け入れられつつ
あることを示している」と述べた。
    2年債利回りは0.1508%と、低下幅は1bp未満
。2年債と10年債の利回り格差は131bpと、前日終
盤から約2bp縮小し、3月以来の低水準となった。
    財務省がこの日に実施した30年債入札は、応札倍率が2.29倍
、最高落札利回りが2.172%。BMOキャピタル・マーケッツの金
利ストラテジスト、ベン・ジェフリー氏は、需要は「まちまち」だった
と述べた。  
    物価連動国債(TIPS)と通常の国債の利回り差で、期待インフ
レ率を示すブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は、10年物U
S10YTIP=RRが2.348%。
    1カ月物国庫短期証券(TB)利回りは0.0025%
と、5月以来の低水準となった。    
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>           
                                  Last (bps)  Net Change (bps)
 U.S. 2-year dollar swap spread   6.75        0.25
 U.S. 3-year dollar swap spread   9.00        0.75
 U.S. 5-year dollar swap spread   7.00        0.00
 U.S. 10-year dollar swap spread  -2.75       0.25
 U.S. 30-year dollar swap spread  -30.25      -0.50
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up