June 13, 2019 / 7:52 PM / 6 days ago

米金融・債券市場=短期債利回り低下、利下げ期待高まる

    [ニューヨーク 13日 ロイター] - 
                 米東部時間       価格    利回り  コード
 30年債(指標    15時50分  105*22.00   2.6002%  <US30YT=RR
 銘柄)                                           >
                 前営業日終  105*05.50   2.6240%            
                         値                       
 10年債(指標     15時47分  102*16.50   2.0927%  <US10YT=RR
 銘柄)                                           >
                 前営業日終  102*06.50   2.1270%            
                         値                       
 5年債(指標銘    15時50分  100*25.25   1.8328%            
 柄)                                             
                 前営業日終  100*18.00   1.8810%            
                         値                       
 2年債(指標銘    15時47分  100*17.88   1.8336%            
 柄)                                             
                 前営業日終  100*14.50   1.8890%            
                         値                       
    
                       清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物6月    154*29.00  154*08.00        
 限                                       
 Tノート先物6月    127*00.00  126*20.50        
 限                                       
 
    
    米金融・債券市場では、米利下げ期待の高まりを背景に短期債利回りが低下。イール
ドカーブ(利回り曲線)がスティープ化した。米国では14日に小売売上高統計、来週に
は米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されている。
    2年債利回りは6.2ベーシスポイント(bp)低下の1.830%とな
った。米労働省が13日発表した5月の米輸入物価指数は前月比0.3%低下し、201
8年12月以来の大幅な落ち込みになった。物価上昇圧力の弱さを示す新たな兆しで、米
連邦準備理事会(FRB)が年内に利下げを行う論拠が強まった。
    DAデビッドソンの債券取引部門バイスプレジデント、メアリー・アン・ハーレー氏
は「11日の卸売物価指数(PPI)、12日の消費者物価(CPI)、きょうの輸入物
価と一連のインフレ指標が(債券市場に)非常に追い風だった。インフレ面に問題はない
」と述べた。
    また米労働省がこの日公表した8日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)
は、前月比3000件増の22万2000件と、予想外に増加した。
    労働市場の鈍化とインフレ圧力の弱さが示されたことで、FRBが年内に利下げする
との見方が強まった。
    短期債利回りの低下を受け、2年債と10年債の利回り差は25.8
bpに拡大。一方で、14日の小売売上高発表を前に大口取引は手控えられた。
    ハーレー氏は「あすの小売売上高は今日発表されたどんな経済指標よりも間違いなく
重要だ」と述べた。
    通商面での緊張が高まる中、6月18─19日にはFOMCが開催される。金融市場
は最低2回の年内利下げを織り込んでいる。
    CMEグループのフェドウォッチによると7月の利下げ確率は64.5%と前日から
やや低下。一方、来週のFOMCでの利下げ確率は約29.2%と前日の23.3%、前
週の16.7%から上昇した。
    この日実施された160億ドルの30年債入札は堅調だった。
    ジェフリーズのシニア短期金融市場エコノミスト、トム・シモンズ氏は「堅調な入札
結果がおそらくショートカバーのきっかけとなり、イールドカーブが急速にスティープ化
したのだろう。FRBが来週、ハト派的なメッセージを示せば大きな材料になり得る」と
述べた。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below