February 10, 2020 / 10:07 PM / 7 days ago

米金融・債券市場=長短金利逆転、新型肺炎巡る懸念で安全資産買い継続

    [ニューヨーク 10日 ロイター] -  
   
                    米東部時間        価格    利回り  コード
 30年債(指標銘     17時05分   107*19.00   2.0335%             
 柄)                                                 
                    前営業日終   107*12.50   2.0420%             
                            値                        
 10年債(指標銘      17時05分   101*22.00   1.5628%             
 柄)                                                 
                    前営業日終   101*18.00   1.5770%             
                            値                        
 5年債(指標銘柄     17時05分    99*31.25   1.3799%            
 )                                                   
                    前営業日終    99*28.00   1.4010%             
                            値                        
 2年債(指標銘柄     17時05分    99*31.38   1.3850%            
 )                                                   
                    前営業日終    99*30.50   1.3990%             
                            値                        
    
                        清算値    前日終値  コード
 Tボンド先物3月     163*05.00   162*19.00        
 限                                         
 Tノート先物3月     131*11.50   131*02.50        
 限                                         
 
    米金融・債券市場では、国債利回りが低下した。新型コロナウイル
スの感染拡大による経済への悪影響が懸念され、安全資産への買いが継
続。長短金利差が逆転した。
    3カ月物財務省短期証券と10年債の金利
差は取引序盤で逆転し、終盤ではマイナス1.21ベーシスポイント(
bp)で推移。同金利差は前週にも逆転する場面があった。
    新型肺炎による死者数が週末に2002─03年に世界的に流行し
た重症急性呼吸器症候群(SARS)の死者数を上回ったこと受け、安
全資産である米国債への買いが継続し、利回りが押し下げられた。[nL4
N2AA093]
    世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長によると、10日05
00GMT(日本時間午後2時00分)時点の中国本土の新型コロナウ
イルス感染者は4万0235人、死者は909人に達した。また海外2
4カ国での感染者は319人、死者は1人。
    地政学的または経済的に不安定な局面で安全資産として機能する米
国債は年初から買いが続いている。10年債利回りは昨年
末に比べ18.7%下落。この日終盤は2.5bp低下の1.553%
だった。
    DAダビッドソンの債券トレーディング部門バイスプレジデント、
メアリー・アン・ハーレー氏は、市場の変動要因は「新型コロナウイル
スが収まらないとの懸念だ。世界の成長率に大きな影響を及ぼし、リセ
ッション(景気後退)入りの転換点になりかねない」と述べた。
    米国債のイールドカーブは全体的に低下。2年債利回り
は2bp低下の1.379%。30年債利回りは1.9b
p低下の2.024%だった。
    今週11日には新発3年債で380億ドル、12日には10年債で
270億ドル、13日には30年債で190億ドルの入札が予定されて
いる。新型肺炎を巡る懸念を背景に堅調な需要が見込まれている。
    また今週11─12日にはパウエル米連邦準備理事会(FRB)議
長の議会証言も予定されている。
    ハーレー氏は「パウエル議長は新型コロナウイルスの影響やFRB
の対応について多くのコメントを求められるだろう」と述べた。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below