July 18, 2018 / 8:31 PM / 5 months ago

米金融・債券市場=FRB議長証言受け金利先高感、長短金利差縮小した状態続く

    [ニューヨーク 18日 ロイター] - 
                 米東部時間       価格    利回り  コード
 30年債(指標    16時27分  102*21.00   2.9896%  <US30YT=RR
 銘柄)                                           >
                 前営業日終  103*01.50   2.9700%            
                         値                       
 10年債(指標     16時03分   99*31.50   2.8766%  <US10YT=RR
 銘柄)                                           >
                 前営業日終  100*03.50   2.8620%            
                         値                       
 5年債(指標銘    16時25分   99*10.25   2.7728%            
 柄)                                             
                 前営業日終   99*11.75   2.7620%            
                         値                       
 2年債(指標銘    15時35分   99*25.00   2.6155%            
 柄)                                             
                 前営業日終   99*25.00   2.6150%            
                         値                       
                     清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物9    144*23.00  145*01.00         
 月限                                   
 Tノート先物9    120*02.00  120*04.00         
 月限                                   
 
        
    米金融・債券市場では、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議
長が前日に続き議会証言で米経済に対する前向きな見解を示したことを
受け、一段の利上げが実施されるとの観測から短期債利回りが高水準に
とどまり、長短金利差が縮小した状態が継続した。
    パウエル議長は前日の上院に続き下院で証言。保護主義の世界的な
台頭はいずれ米国や世界の経済成長にとってリスクになるとの考えを改
めて示しながらも、米経済は今後数年間、成長継続が見込まれ、最大雇
用と2%近辺の物価安定というFRBの二重責務は目標到達に近づいて
いると述べた。
    クレディ・スイス(ニューヨーク)の金利ストラテジスト、ジョナ
サン・コーン氏は「パウエル議長は経済について建設的な見方を示し、
リセッション(景気後退)のリスクを排除した」と指摘。この日の証言
内容も前日と同様、FRBは年内はあと2回の利上げを実施するとの見
方を裏付けるものだった。    
    CMEフェドウオッチによると、FRBが9月25─26日の連邦
公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利誘導目
標を0.25%ポイント引き上げ2.00─2.25%とする確率は9
2%であることが先物市場で織り込まれている。12月18─19日の
FOMCで追加利上げが実施される確率は63%。
    一段の利上げが実施されるとの観測から2年債利回りは
2008年8月以来の高水準近辺で推移。午後の取引では前日終盤より
0.4ベーシスポイント(bp)下げているが、2.611%となって
いる。
    2年債と10年債の利回り格差は一時23.40b
pと、2007年7月以来の水準に縮小。その後は25.40bpとな
っている。    
    市場では短期債利回りが長期債利回りを上回る「逆イールド」の発
生に対する懸念が出ている。逆イールドは景気後退の兆候とされるが、
パウエル議長はこうした見方を排除している。
    10年債           利回りは約1bp上昇の2.871%。朝方
発表された6月の米住宅着工件数が低調だったことで、国債利回りは朝
方の取引では低下していた。
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>        
                                  Last (bps)  Net Change (bps)  
 U.S. 2-year dollar swap spread   22.25       0.50              
 U.S. 3-year dollar swap spread   19.75       0.00              
 U.S. 5-year dollar swap spread   13.75       0.00              
 U.S. 10-year dollar swap spread  6.50        0.25              
 U.S. 30-year dollar swap spread  -5.00       -0.25             
     

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below