March 22, 2017 / 10:42 PM / 10 months ago

米金融市場こうみる:財政政策実行に懸念、5%調整も=ステート・ストリート

[ニューヨーク 22日 ロイター] -

<ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズの米SPDR部門首席投資ストラテジスト、マイケル・アロン氏>

米財政政策課題の実現の時期を巡る懸念が、引き続き相場を動かす主要材料となっている。

下院で23日にも行われるとみられる医療保険制度改革法(オバマケア)改廃法案の採決が状況を大きく左右する。可決されれば、財政政策課題が順調に進んでいるとの一定の安心感が広がり、市場はプラスに反応する可能性がある。

だが、可決されなかった場合、これまで極めて短期間に大きく上昇してきたことを考慮すれば、株価の5.0%の調整もあり得なくはない。オバマケア改廃法案が採決先送りや否決となった場合、税制改革はまだ先の話で、規制緩和やトランプ政権が掲げる他の優先課題の実現はさらに遠いとの見方が広がるだろう。そうなれば、資産価格に5.0%前後の調整が入る可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below