March 8, 2018 / 9:01 PM / 5 months ago

米鉄鋼・アルミ輸入制限、深刻な結果もたらす=カナダ中銀副総裁

[バンクーバー 8日 ロイター] - カナダ銀行(中央銀行)のレーン副総裁は8日、トランプ米政権による鉄鋼とアルミニウムに対する輸入制限の発動、および保護主義的な言動は「深刻な結果をもたらす可能性」があり、企業投資が損なわれる恐れがあるとの考えを示した。ただ金融政策運営でどのように反応するか判断するのは時期尚早となるとの立場も示した。

同副総裁は講演で、世界的な見通しを取り巻く「かなりの先行き不透明性」について強調。「北米自由貿易協定(NAFTA)やその他の貿易協定に関する協議がいつ、どのように決着するのかは分からない。また、各産業や各国政府がどのように反応するのかも分からない。可能性の範囲は広く、このことはシナリオを事前に考案することは金融政策のためにならないことを意味している」と述べた。

カナダ中銀は前日、政策金利を予想通り1.25%に据え置くことを決定している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below