April 30, 2018 / 9:08 PM / 20 days ago

米鉄鋼・アルミ関税、カナダ猶予打ち切りなら貿易阻害=トルドー首相

[バンクーバー 30日 ロイター] - カナダのトルドー首相は30日、米国が鉄鋼とアルミニウムに対する輸入制限措置のカナダに対する適用猶予を打ち切れば、両国間の貿易が阻害されるとの懸念を示した。

トランプ米大統領は3月に鉄鋼に25%、アルミに10%の輸入関税を導入すると発表。ただカナダとメキシコに対し適用は5月1日まで猶予した。

カナダは米国にとって鉄鋼とアルミの最大の供給国。トルドー首相は「この件について米政権と協議を続けており、鉄鋼とアルミニウムを巡るカナダと米国の間の非常に複雑な通商関係を阻害することは非常に良くないとの考えを伝えている」と述べた。

トランプ大統領は、現在進められている北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉協議で十分な進展が得られれば、カナダとメキシコは関税措置の適用から除外するとの立場を表明。NAFTA再交渉協議は5月7日に再開する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below