April 18, 2018 / 10:23 PM / a month ago

米長短金利差縮小、リセッションの兆候ではない=FRB副議長

[ワシントン 18日 ロイター] - 米連邦準備制度理事会(FRB)のクオールズ副議長(金融規制担当)は、米長短利回り格差の縮小はリセッション(景気後退)が差し迫っているという兆候ではないとの認識を示した。

クオールズ氏は国際通貨基金(IMF)と世銀の会合の関連イベントで「現在のイールドカーブのフラット化については、リセッションが差し迫っている兆候とは捉えていない」と表明。「無論、注目はしている」と続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below