July 25, 2018 / 7:34 PM / 5 months ago

米EU、関税引き下げ・緊張緩和を望む 米大統領がユンケル欧州委員長と会談

[ワシントン/ストックホルム 25日 ロイター] - トランプ米大統領と欧州委員会のユンケル委員長は25日、関税引き下げ、および欧米間の貿易を巡る緊張の緩和を望むと述べた。

トランプ大統領はユンケル委員長とともにホワイトハウスのオーバルオフィス(大統領執務室)で会見に臨み、欧州とより公平な貿易を巡り何らかの合意が得られることを期待しているとし、「関税も、貿易障壁も、政府助成も撤廃できれば、米国は非常に嬉しく思う」と述べた。

ユンケル委員長は、米国と欧州連合(EU)は「パートナーであり、敵ではない。共に取り組んでいく必要がある」とし、「相互に言い合うのではなく、共に話し合う必要がある」と指摘。「われわれは関税の引き上げではなく、引き下げに注力する必要がある」と述べた。

トランプ氏とユンケル委員長は1対1の会談に臨んだ後、閣僚も交えた拡大会合に入る。

ユンケル委員長はこれまでトランプ氏の通商を巡る考えを「ばかげている」と形容する一方、トランプ氏は貿易相手国が米国と交渉せざるを得なくなったため「関税措置は最も優れている」などと発言しており、両者の会談は緊張を迫られる可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below