for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FRBは段階的な正常化継続、利上げ回数は些細な問題=クリーブランド連銀総裁

[フランクフルト 23日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀の総裁は23日、連邦準備理事会(FRB)は政策の段階的な正常化を継続するとし、年内の利上げ回数が3回になるのか、4回になるのかとの問題は些細なことに過ぎないとの見解を示した。

同総裁は独紙Boersen Zeitungのインタビューに対し、「市場で出ている予想はFRBのこれまでのコミュニケーションに沿ったものになっている」とし、「利上げ回数が最終的に3回になるのか、4回になるのかといった問題は、マクロ経済や金融政策の視点から見るとむしろ些細な問題である」と述べた。

その上で、今年の利上げ回数が3回または4回になることは、FRBが進める段階的な正常化に沿ったものになるとしながらも、インフレが予想通りに上向かなければ、FRBはより慎重なアプローチをとる可能性があると指摘。「インフレが予想を超えて上昇したり、財政刺激策の影響が予想より大きかったりした場合、われわれは適切に対応を調整する。ただ、インフレが予想ほど上向かなければ、より長く待ち、慎重姿勢をとる論拠となる」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up