May 29, 2018 / 2:02 PM / a month ago

米FRB年内あと3回利上げ実施の観測後退、伊政局混乱受け=短期金利先物

[ニューヨーク 29日 ロイター] - イタリア政局の混乱受け、米連邦準備理事会(FRB)が年内はあと3回の利上げを実施するとの予想が後退している。イタリアの政治的な混乱は欧州の経済成長に対する脅威になるとの懸念が出ていることが背景。

CMEグループのフェドウォッチによると、米東部夏時間午前9時22分(日本時間午後10時22分)現在、フェデラルファンド(FF)金利先物は、FRBが年末までにFF金利誘導目標を2.25─2.50%に引き上げる確率が26%であることを示す水準にある。同確率は前週25日は32%、1週間前は51%だった。

6月12─13日の連邦公開市場委員会(FOMC)でFRBがFF金利誘導目標を1.75─2.00%に引き上げる確率は81%。前週25日は90%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below