November 27, 2018 / 2:03 PM / 18 days ago

米FRB、緩やかな利上げ継続の必要 指標の注視「特に重要」=クラリダ副議長

[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は27日、FRBは引き続き緩やかな利上げを継続する必要があるとしながらも、米国の金融政策が中立的なスタンスに近づきつつあるなか、新たな経済指標を緊密に注視することが「特に重要」となっているとの認識を示した。

クラリダ副議長は講演で言葉を慎重に選びながら、中立金利と最大雇用の双方を見極めることがFRBにとりいかに難しくなっているかを強調した。

新たなデータを通してFRBは「政策金利の最終地点」についてより多くの情報を蓄積することができると指摘。金融政策は米国の経済成長を維持し、インフレの目標からの乖離の防止を目標とする必要があるとし、「現時点での金利サイクルでは広範なデータに注視することが特に重要になると考えている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below