April 12, 2018 / 12:31 AM / 5 months ago

米KSS、タカタ買収の資金を確保

[11日 ロイター] - 米自動車部品メーカー、キー・セイフティー・システムズ(KSS)は、民事再生手続き中のタカタの事業買収に向け、親会社である中国の寧波均勝電子やプライベートエクイティ(PE)会社などから資金を確保した。

寧波均勝(ニンボー・ジョイソン)の発表文によると、買収資金15億9000万ドルの一部はPE会社パシフィック・アライアンス・グループ(PAG)とフューチャー・インダストリー投資ファンドが引き受けた。エアバッグの大規模リコール(回収・無償修理)に起因する負債は買収の対象に含まれない。

KSSは、買収したタカタの資産を自社の事業と統合するのに伴い、社名を親会社の英語表記にそろえて「ジョイソン・セイフティ・システムズ」に変更。寧波均勝が過半数株式を保有する。

大規模リコールを受けてタカタは昨年、民事再生法の適用を申請。米国法人TKホールディングスも破産法の適用を申請した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below