Reuters logo
経産省、全執務室の施錠を開始 取材機会を制限と批判の声
2017年2月27日 / 09:55 / 9ヶ月前

経産省、全執務室の施錠を開始 取材機会を制限と批判の声

[東京 27日 ロイター] - 経済産業省は27日から、全執務室の施錠を開始した。「情報管理の必要性が高まる中、庁舎のセキュリティーレベルを強化する」としているが、同省を取材するメディア各社からは「情報開示の流れに逆行する」など批判が相次いでいる。

執務室の施錠に伴い、報道各社の記者は、これまでのように自由に執務室に出入りできなくなる。

同省は27日に会見を開き、若月一泰広報室長が、取材に関しては、執務室とは別の場所で面談するスペースを拡充するなど、施錠によって取材機会が狭められることがないよう、可能な限り対応すると述べた。

同省では、執務室の施錠に関しては、庁舎管理の一貫として、以前から検討されていたことで、なんらかの個別事例を受けた対応ではない、としている。

一方、記者側からは「取材対象の職員が在席していることが確認できないため、電話取材で居留守が使われやすくなる」「経産省として、記者とのコミュニケーションを減らしていくような方向の判断は残念」といった声が出された。 (宮崎亜巳)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below