July 10, 2019 / 1:01 PM / 13 days ago

英国の駐米大使が辞任、トランプ氏酷評の極秘公電流出で

[ロンドン 10日 ロイター] - トランプ米政権を「無能」などと極秘公電で酷評したと報じられた英国のキム・ダロック駐米大使が10日、辞任した。

ダロック大使は書簡で「公電文書が大使館から漏洩して以来、自身の立場、および大使としての在任期間を巡る憶測が飛び交っている。こうした憶測に終止符を打ちたい。現状では自分自身の役割を自分が望むように果たすことは不可能になっている」とした。

ダロック大使の任期は年末までだった。

英紙メール・オン・サンデーは週末、ダロック大使が英政府向けの極秘公電でトランプ政権を「機能不全」で「無能」と評していたと報じた。トランプ大統領は8日、ダロック大使とは「今後対応しない」とツイッターに投稿。9日にはダロック大使を「いかれた男」、メイ英首相を「愚か者」と呼び、英国に対する「口撃」を強めていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below