July 9, 2019 / 2:10 PM / 9 days ago

英独仏EU、イランのウラン濃縮度引き上げ懸念 合意履行呼び掛け

[ベルリン 9日 ロイター] - 欧州連合(EU)、および英独仏の外相は9日、イランによるウラン濃縮度の引き上げに懸念を表明し、2015年の核合意を履行するよう呼び掛けた。

国際原子力機関(IAEA)は8日、イランでウランの濃縮度が核合意で定められた上限(3.67%)を超過したことを確認。イラン原子力庁の報道官はこれに先立ち、ウラン濃縮度が核合意上限を超過したと発表していた。

外相らは「イランが(核合意である)共同包括行動計画(JCPOA)の下で示した確約事項のうち数件を履行していないことを深く懸念している」とし、「イランは核合意から離脱しない意向を示している。直ちに完全な履行に戻る必要がある」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below