February 20, 2019 / 2:49 PM / a month ago

英首相、国民投票再実施なら離脱協定案の議会承認も可能=離党議員

[ロンドン 20日 ロイター] - 英与党・保守党の「破滅的なブレグジット(英国の欧州連合離脱)対応」に反発して同党を離党したサラ・ウォラストン議員は、メイ首相が国民にブレグジットの是非を問う国民投票の再実施に合意すれば、離脱協定案の議会承認に道が開かれる可能性があるとの考えを示した。

ウォラストン議員はこの日、ハイディ・アレン議員とアンナ・ソウブリー議員と共に保守党を離党。以前からメイ首相のブレグジット戦略は党内のユーロ懐疑派に操られているとして批判的だった。今後は労働党を離党した7議員が立ち上げた新会派に合流する。

ウォラストン議員は「離脱の是非を国民に確認する国民投票の実施を条件にすれば、メイ首相は離脱協提案の議会承認を得ることができる」とし、「議会承認を得るには国民の同意を条件にすることが最善の方法だとメイ首相が気付いてくれることを望んでいる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below