March 22, 2019 / 9:08 AM / a month ago

金融庁、安定調達比率の規制導入を延期 米国で手続き進まず

[東京 22日 ロイター] - 金融庁は22日、31日から導入予定だった国際基準行への流動性規制「安定調達比率規制」について、導入を見送ると発表した。米国で同様の規制の導入手続きが進んでおらず、国際展開する日本の金融機関が規制上の不利益を受けるのを避けるため。金融庁は米国の動向をみながら、新たな導入時期を検討する。

安定調達比率はバーゼル3で合意された規制で、流動性が低く売却が難しい資産を保有する場合、その総額以上の、流動性が高く中長期的に安定的な資産の保有を義務づけている。

国際合意に基づき、金融庁は2018年6月に規制案を公表し、意見を募集していた。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below