Reuters logo
ECBこうみる:ユーロ高は継続、欧州関連銘柄を推奨=JPモルガン証 阪上氏
2017年9月8日 / 01:18 / 15日前

ECBこうみる:ユーロ高は継続、欧州関連銘柄を推奨=JPモルガン証 阪上氏

[東京 8日 ロイター] -

<JPモルガン証券・チーフストラテジストの阪上亮太氏>

ドラギ総裁の会見自体にはそれほどのサプライズはなかった。ドラギ氏個人はどちらかというとハト派であり、先々の政策についても言及を避けた。ただ、ECBの中にはタカ派的な勢力もいて、綱引きが続いているという印象だ。政策変更が近づいているなかでユーロはどうしても上昇しやすく、ユーロ高トレンドはこの先も続いていくだろう。

2014年にユーロが大きく切り下がる前の水準は対円で140円台だった。すぐにその水準までいくとは思わないが、上昇するポテンシャルは秘めている。ドル/円に関してはドル安を受けて円高になってしまうところはある。ただ、ユーロ/円のインパクトは強く、欧州関連銘柄は物色されやすいので推奨するスタンスは変わらない。

ECBは資産買い入れプログラムの縮小に関する決定は10月になりそうだとの見方を示した。今月は連邦公開市場委員会(FOMC)も控えており、欧米での金融政策に関するイベントを通過するまでは、株式市場はリスクを落とす動きが出やすい。FOMCがバランスシート縮小、ECBがテーパリングとなったときに、金利がどう動くのかというのが一番見極めたいところ。緩やかな金利上昇は日本株にプラスだが、急激な上昇は売り要因となるだろう。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below