September 12, 2019 / 1:31 PM / in 7 days

ECB理事会後のドラギ総裁発言要旨

[フランクフルト 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は12日の理事会で、利下げや量的緩和(QE)の再開など一連の追加金融緩和策の導入を決定した。ユーロ圏成長の下支えや物価の押し上げが狙い。

ドラギ総裁の理事会後の記者会見での発言は以下の通り。

<物価目標未達>

インフレ率が引き続き目標に到達しない状況を鑑み、今回の決定を下した。

<経済の脆弱性は一層長期化>

前回の理事会以降に入手した情報によると、ユーロ圏経済の脆弱性は一段と長期化しているほか、顕著な下振れリスクの継続や物価圧力の抑制がうかがえる。

<適切に対応する用意>

理事会は長期にわたり高度の金融緩和スタンスを取る必要があると改めて表明するとともに、インフレ率を確実に目標に近づかせるため、引き続きあらゆる政策手段を適切に調整する用意がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below