January 23, 2020 / 2:01 PM / a month ago

ECB理事会後のラガルド総裁発言要旨

[フランクフルト 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は23日の定例理事会で主要政策金利を据え置くとともに、インフレ目標や金融政策を巡る「戦略的見直し」を開始した。

主要政策金利のリファイナンス金利は0.00%、限界貸出金利は0.25%、中銀預金金利はマイナス0.50%にそれぞれ据え置いた。

理事会後のラガルド総裁の記者会見での発言は以下の通り。

<緩やかな成長>

前回理事会以降に入手された情報は、ユーロ圏の経済成長は進んでいるものの緩やかであるとのわれわれの基調シナリオと一致している。

<製造業部門の弱さが成長の足かせ>

製造業部門の弱さが引き続きユーロ圏の経済成長の勢いの足かせとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below