July 31, 2019 / 11:19 PM / 20 days ago

FOMCこうみる:議長発言に失望感、日本株も下押し=キャピタル・パートナーズ 倉持氏

[東京 1日 ロイター] -

<キャピタル・パートナーズ証券 チーフマーケットアナリスト 倉持宏朗氏>

25bpの利下げは、想定されていた通りで、それ自体は株価に織り込み済みだった。しかし、注目されていたパウエル議長の発言が、追加利下げの否定を思わせるコメントだったため、マーケットに失望感を与えている。期待を裏切る格好となり、米国株式市場は大きな下げに見舞われた。

これを受けた日本株は、前日の悪い地合いを引き継ぎ、下押しは避けられない。為替市場がドル高/円安に振れたことはポジティブに捉えられるものの、一方で、 米通信用半導体大手クアルコムの売り上げが予想を下回り株価が崩れたことがマイナスに作用する。日経平均は2万1300円どころを探る動きになるのではないか。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below