for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRB議長講演こうみる:テーパリング発表と開始を11月に延期=インスペレックス

[27日 ロイター] -

<インスペレックスのシニアトレーダー、デービッド・ペトロシネリ氏>

パウエル議長が「様子見」姿勢を示したことから市場は好感したと思われる。全体として、パウエル議長はテーパリング(量的緩和の縮小)の明確な発表と開始を11月に延期したもようだ。なぜなら、連邦公開市場委員会(FOMC)の次回の会合は9月だが、その後は11月までなく、連邦準備理事会(FRB)としてはFOMC会合の場で発表したいと考えているからだ。

パウエル議長はまた、テーパリングを利上げと明確に区別し、テーパリングの開始が引き締めサイクルの開始を意味すると捉えられないよう、市場に条件を与えたと思われる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up