July 11, 2019 / 12:07 AM / 9 days ago

FRB議長議会証言こうみる:FOMCで追加利下げ示唆あるか=第一生命経済研 藤代氏

[東京 11日 ロイター] -

<第一生命経済研究所主任エコノミストの藤代宏一氏>

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言で、既定通り7月の25ベーシスポイント(bp)利下げが確定的になったとみている。為替は若干円高だが、直近のレンジを突破したわけではない。日米金利差とドル/円の相関はやや長い目でみると疑わしい。日本株への影響としては、目先の円高によるネガティブな面よりも米国株市場でのリスクオン継続の方が大きいだろう。

次の焦点は今月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、追加利下げについてどう示唆するかだ。いったん25ベーシスの利下げを行った後、追加利下げが示唆されれば金融相場的な環境となり、日本株にも追い風となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below