March 20, 2018 / 6:06 PM / 6 months ago

G20、保護主義に対抗 貿易巡る一段の対話必要=声明

[ブエノスアイレス 20日 ロイター] - 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は20日、保護主義への対抗にコミットメントを示し、貿易を巡る「一段の対話と行動」が必要とする声明を採択して閉幕した。

G20財務相・中央銀行総裁は、米国の関税措置や中国に対する制裁措置などにより引き起こされる可能性のある貿易戦争に起因する世界的な経済成長に対するリスクについて討議。

声明で「国際的な貿易と投資は成長、生産性、革新、雇用創出、発展の重要なエンジンである」とし、「ハンブルクで開催されたG20首脳会議(サミット)の成果を確認し、 一段の対話と行動の必要性があると認識する。経済に対する貿易の貢献の強化に向け取り組んでいる」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below