April 23, 2018 / 8:34 PM / 6 months ago

G7外相、ロシアは国際法抵触と非難 「有害な行動」検証へ作業部会

[トロント 23日 ロイター] - 主要7カ国(G7)は23日、カナダのトロントで開いた外相会合で、ロシアの行動は国際法に違反すると非難し、同国に対しシリア紛争の解決に向け協力するよう呼び掛けた。

英国のジョンソン外相によると、ロシアのウクライナとシリアにおける行動を巡る懸念を踏まえ、G7はロシアの「有害な行動」を検証する作業部会の設置で合意した。こうした動きはロシアと西側諸国との間の溝がここ数年、確実に広がっていることを示している。

会合の議長を務めたカナダのフリーランド外相は、英国での神経ガスの使用のほか、選挙に介入することで民主主義を不安定化させるロシアの行為に深い懸念が示されたとし、「G7は外国による干渉を阻止し、対応していくことにコミットしている」と表明。ロシアを巡りG7の間に明らかな結束が見られたと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below