May 18, 2020 / 1:44 AM / 3 months ago

GDPこうみる:設備投資、インバウンド減退を引き続き注視=SMBC日興証 丸山氏

[東京 18日 ロイター] -

<SMBC日興証券 チーフマーケットエコノミスト 丸山義正氏>

市場予測ほどは落ち込まなかったが、新型コロナウイルスの影響は4月以降に本格的に表れるので、下押し圧力は続くだろう。1-3月期が予測より上振れたからといって、安心はできない。4-6月期にさらに落ち込むという方向性は変わらない。 今後をみる上ではサービス消費、設備投資、輸出がポイント。1-3月期は全般的に悪いので、その姿が4-6月期も引き継がれ、どの項目でもマイナス幅はさらに拡大するだろう。設備投資は1-3月期ではそこまで落ち込んでいないが、世界経済の不透明感から4-6月期はさらに落ち込む見込み。中小企業だけでなく大企業でも資金繰りが問題になっているので、設備投資は最初に絞る項目になるだろう。 輸出は海外経済の動向も重要になってくる。特に、輸出の項目に入るインバウンドは、引き続き下押し圧力となるだろう。

二次感染の状況次第だが、抑えられていた消費は少なからず戻ってくるだろう。4-6月期がボトムで、7-9月期は持ち直すのは確実。だが、生活様式が変わる点や、不透明感は消えない点を踏まえると、成長率は鈍化する。「V字」の半分までいき、その後緩やかに伸びていくイメージ。だが、年内に水準がコロナ前に戻る可能性は低いだろう。 政府の経済対策は、これまでは企業の資金繰り支援や給付などが中心だったが、第3次補正は確実に必要。そこで景気刺激策がなされる必要があるのではないだろうか。 (浜田寛子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below