July 7, 2017 / 6:33 AM / 6 months ago

GPIF、国内債券(財投債込み)9800億円程度の売り越し=1―3月期運用実績

[東京 7日 ロイター] - 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7日発表した運用実績によると、同法人は2017年1─3月期に、国内債券(財投債込み)への投資残高を9800億円程度減らした。国内外の株式も売り越した一方、外国債券は6000億円程度買い越した。この結果、3月末時点での運用資産額は144兆9034億円となり、16年度通期では7兆9363億円を稼いだ。

1月からの3カ月間の推計では、GPIFは国内株式を10億円程度、外国株式を600億円程度売り越したもよう。

3月末の各資産の構成割合は、国内債券31.68%、国内株式23.28%、外国債券13.03%、外国株式23.12%。

短期資産は7兆2463億円と過去最大。年金特会で管理する積立金を含めれば13兆4365億円となった。

16年度通期の収益率はプラス5.86%だった。収益額の内訳は、国内株式で4兆5546億円、外国株式で4兆3273億円を稼いだ一方、国内債券は3958億円、外国債券は5962億円の損失となった。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below