June 24, 2020 / 5:48 AM / 14 days ago

IPOこうみる:値下がりリスクに注意、新興市場を左右も=東海東京調査センター 仙石氏

[東京 24日 ロイター] -

<東海東京調査センター シニアエクイティマーケットアナリスト 仙石誠氏>

東証マザーズ市場に上場したIPO銘柄は大幅な買い超過で始まった。マザーズ指数が堅調な形で来ている中、約2カ月ぶりのIPOということもあり、個人投資家を中心に人気化しやすい環境だ。

今週上場する4銘柄のうち、コパ・コーポレーション、ロコガイド、コマースOneホールディングスは新型コロナウイルスの影響で4月の上場を中止した銘柄。当時上場していれば初値は安かったかもしれないが、人気化して初値が高くなる分、その後の値下がりリスクが高くなった可能性がある。

新型コロナウイルスの感染拡大の環境下、株価が上昇し、株式市場で成功体験を築けた個人投資家も多いだろう。大型株の上昇が一服する中、新興株市場に上場している値動きの軽い銘柄へ物色が入りやすい状況は続きそうだ。

ただ、IPO銘柄が崩れた場合、新興株市場に対する投資家心理が悪化してしまう可能性があり、今後の動きを注視しなければならない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below