April 27, 2020 / 7:56 AM / 3 months ago

JR東海、20年3月期営業利益は7.6%減 今期業績予想は見送り

[東京 27日 ロイター] - 東海旅客鉄道(JR東海)が27日に発表した2020年3月期の連結営業利益は、前年比7.6%減の6561億円だった。売上高は同1.8%減の1兆8446億円。2月以降の新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の影響や物件費の増加で、減収減益となった。

2021年3月期の通期業績予想の公表は見送る。業績に与える不確定要素が多く、現時点で算定が困難であると判断したため。配当予想も未定とした。

新型コロナの影響により、鉄道などの利用者は大幅に減少している。26日の東海道新幹線の自由席における最高乗客率は、東京発下り列車、名古屋発上り列車などでそれぞれ10%以下だった。

新田裕貴

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below