September 18, 2019 / 2:22 PM / a month ago

NY連銀、750億ドルの資金供給 翌日物レポ金利低下

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)傘下のニューヨーク連銀は18日、フェデラル・ファンド(FF)金利を誘導目標の2.00─2.25%の範囲内に維持するため、レポ取引を通じて750億ドルの資金供給を実施した。

NY連銀は前日はレポ取引を通じて531億5000万ドルの資金を供給。前日の資金供給オペは約10年ぶりのもので、NY連銀は18日もレポ取引を通じた金融調節を実施し、最大750億ドルを供給すると表明していた。

資金供給を受け、銀行や企業が資金調達する際に支払う翌日物レポ金利は低下。リフィニティブによると、米東部時間午前8時37分(日本時間午後9時37分)時点で、翌日物レポ金利は2.25─2.60%。資金供給実施前は2.60─3.00%だった。

NY連銀が18日公表したデータによると、FF金利の実効レートは17日に2.30%に上昇し、金融危機以来約10年ぶりにFRBの誘導目標を超えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below