for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OLC、20年3月当期利益は31.1%減の622億円 コロナ対応の休園響く

[東京 28日 ロイター] - オリエンタルランドが28日発表した2020年3月期の連結当期利益は前年比31.1%減の622億円だった。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの両パークを2月29日から休園しており、入園者数の減少に加え、1人当たり売上高も減少した。

売上高は同11.6%減の4644億円、営業利益は同25.1%減の968億円だった。

21年3月期の業績予想は非開示とした。リフィニティブがまとめたアナリストの当期利益予想の平均は937億円。

主力事業のパーク・ホテルは臨時休業をしており、現時点で営業再開の時期は未定。OLCは「今後、営業再開となった場合でも、レジャーに対する消費マインドの動向など、外部環境の状況によっては、通常レベルの営業に戻るまでに期間を要する可能性がある」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up