for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇、中国の金利引き下げで

    [20日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は軒並み上昇した。中国が低迷
する経済の下支えに向け、住宅ローン金利の基準となる最優遇貸出金利(LPR)5年物
を引き下げたことが好感された。
    中国はLPR5年物を0.15%引き下げた。引き下げ幅は市場予想を上回った。L
PR1年物は据え置いた。
    これを受け、中国が急激な景気の冷え込みを緩和するため、追加刺激策を打ち出す方
針を固めたという期待が膨らんだ。ドル安や米国債利回りの低下もあり、アジア市場全体
のリスク選好が改善している。
    ジャカルタ市場の総合株価指数は一時2.1%高と1週間超ぶりの高水準まで買われ
た。
                                時間      現在値      前日比          %
 シンガポー  ST指数          14:52     3234.31      +43.60       +1.37
         ル                                                   
             前営業日終値                3190.71                        
 マレーシア  総合株価指数 <.   14:52     1551.21       +1.80       +0.12
             KLSE>                                            
             前営業日終値                1549.41                        
 インドネシ  総合株価指数 <.   13:30     6942.45    +119.111       +1.75
         ア  JKSE>                                            
             前営業日終値               6823.335                        
 フィリピン  総合株価指数 <.   14:52     6750.31      +90.26       +1.36
             PSI>                                             
             前営業日終値                6660.05                        
   ベトナム  VN指数          13:32     1246.23       +4.59       +0.37
             前営業日終値                1241.64                        
       タイ  SET指数 <.SE   14:29     1618.77      +12.79       +0.80
             TI>                                              
             前営業日終値                1605.98    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up