for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇、米株高に追随

       [4日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は軒並み上昇した。米国の弱
い製造業指標を受け、連邦準備理事会(FRB)が今後数カ月はタカ派色を弱めるとの観
測が浮上し、買いにつながっている。
    ニューヨーク市場では、2年半ぶりの低水準となった製造業指標を背景に米国債利回
りが低下。株価は2%超伸びて取引を終えた。
    SPIマネジメントのアナリストは調査ノートで、「厳しい指標はFRBがハト派に
転換する可能性を高め、強材料と受け止められた」と指摘した。
    英国のトラス首相が打ち出し、市場の動揺を招いていた大規模減税案が一部撤回され
たことも支援材料だった。
                               時間     現在値     前日比         %
 シンガポー  ST指数 <.STI   13:58    3132.72     +25.63      +0.82
         ル  >                                             
             前営業日終値              3107.09                      
 マレーシア  総合株価指数 <   13:58    1407.32      +9.70      +0.69
             .KLSE>                                        
             前営業日終値              1397.62                      
 インドネシ  総合株価指数 <   13:29    7065.62    +55.902      +0.80
         ア  .JKSE>                                        
             前営業日終値             7009.718                      
 フィリピン  総合株価指数 <   13:58    5907.31    +124.16      +2.15
             .PSI>                                         
             前営業日終値              5783.15                      
   ベトナム  VN指数 <.VNI   13:32    1084.98      -1.46      -0.13
             >                                             
             前営業日終値              1086.44                      
       タイ  SET指数 <.S   14:12    1574.84     +16.79      +1.08
             ETI>                                          
             前営業日終値              1558.05    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up