for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=小幅続落、景気後退懸念が重し

    [1日 ロイター] - ロンドン株式市場は小幅続落して取引を終
えた。物価上昇圧力を背景に6月の英製造業関連の経済指標が低下し、
英経済の急激な減速または景気後退のリスクが示されたことが相場の重
しとなった。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.16%安。
S&Pグローバルが発表した英国の6月の製造業購買担当者景気指数(
PMI)改定値は52.8と、速報値の53.4から下方改定された。
5月の54.6から低下した。
    ハーグリーブス・ランズダウンのシニア投資・市場アナリスト、ス
ザンナ・ストリーター氏は「インフレが頑固に高止まりする中、投資家
は景気後退が迫っている兆候に動揺し、金融市場を混乱させている不安
が弱まる兆しはあまりみられない」と述べた。
    下げが目立ったのはFTSE350種鉱業株指数で
、3.17%下落。ただ、ディフェンシブ銘柄の生活必需品株や公益事
業株が買われたため相場の下げ幅は限られた。
    石油大手のシェルは0.6%安。ナイジェリアの陸上石油
資産の売却計画を一時中止したほか、ロシアが極東の石油・天然ガス開
発事業「サハリン2」の権益などを引き継ぐ新会社の設立に動いたこと
が材料視された。
    資産運用会社のジュピター・ファンド・マネジメント、ア
バディーンはそれぞれ4.2%、3.3%下落。シティグルー
プが投資判断を「中立」から「売り」に引き下げたことが嫌気された。
 <株式指数>               終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                       終値  
 FTSE100種        7168.65    -0.63  -0.01    7169.28          
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up