Reuters logo
再送-指標予測=10月鉱工業生産は前月比+1.9%、機械類や電子部品の増産続く
November 24, 2017 / 3:07 AM / 19 days ago

再送-指標予測=10月鉱工業生産は前月比+1.9%、機械類や電子部品の増産続く

 (この記事は24日に配信しました。)
    [東京 24日 ロイター] - ロイターがまとめた民間調査機関の予測によると、
10月鉱工業生産指数の予測中央値は前月比1.9%の上昇となった。6四半期連続増産
のあともさらに生産上昇が続く見通し。引き続き一般機械や電子部品・デバイスなどの好
調が続くとみられる。
    
   調査機関では「一部の自動車メーカーの生産低下が押し下げるが、はん用・生産用・
業務用機械工業のほか、スマートフォン新製品向け部品の増産が見込まれる電子部品・デ
バイス工業などがプラスに寄与し、2カ月ぶりのプラスとなる見通し」(みずほ総研)
とみている。「堅調な世界経済を背景とした輸出の回復や、雇用・所得環境の改善に伴う
内需の持ち直しにより、生産は持続的に回復する」(三菱総研)など、生産を取り巻く経
済環境は良好だ。
   
        各社の予想は以下の通り。(前月比・%) 
   
 中央値                     1.9
 最大値                     3.4
 最小値                     1.1
 回答社数                    19
                                       
 Barclays Secs JP           1.8
 BNP Paribas GB             1.9
 Citigroup                  2.5
 Dai-ichi Life              2.3
 Daiwa IR                   2.0
 Informa Global             2.7
 Japan Rch Inst             1.2
 Mitsub UFJ MS              1.1
 Mizuho RI                  1.8
 Mizuho Security            1.8
 MRI                        2.2
 MS MUFG Secs               1.7
 MURC                       2.0
 NLI Research               1.7
 Nomura Co                  2.2
 Norinchukin                2.5
 SCB Rch Inst               1.3
 SMBC Nikko Sec             1.5
 Sumitomo Asset             3.4    
 (中川泉)
  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below