March 23, 2018 / 2:41 AM / 4 months ago

再送-指標予測=2月鉱工業生産は前月比5.0%上昇、輸送用機械など反動増

 (この記事は23日に配信しました。)
    [東京 23日 ロイター] - ロイターがまとめた民間調査機関の予測によると、
2月鉱工業生産指数の予測中央値は前月比5.0%の上昇となった。前月の6.8%減の
落ち込みの反動も出るとみられる。輸送用機械などの反発が見込まれる。
    
    調査機関からは反動増で高い伸びが期待できるとの見方と同時に「汎用・生産用・業
務用機械や電子部品・デバイスなどで予測指数から下振れる可能性が高く、全体として予
測指数の9.0%上昇に比べると控えめな着地になりそうだ」(第一生命経済研究所)と
の見方が多い。
     1月が大幅な低下となったこともあり、1─3月期は前期比低下を予想する見方が
多い。先行きについては「円高や米保護主義政策、スマートフォンの減産などの影響が懸
念されるが、海外経済の拡大を背景に増加基調を維持するだろう」(信金中金)といった
見通しもある。
    
        
    各社の予想は以下の通り。 (%)
 中央値                     5.0
 最大値                     7.5
 最小値                     4.2
 回答社数                    20
                              
 Barclays Secs JP           4.5
 BNP Paribas GB             5.8
 Citigroup                  5.0
 Dai-ichi Life              5.0
 Daiwa IR                   5.3
 Informa Global             5.0
 Japan Rch Inst             5.1
 JPMorgan                   6.0
 Mitsub UFJ MS              4.5
 Mizuho RI                  5.5
 Mizuho Secs                4.3
 MRI                        6.9
 MS MUFG Secs               4.2
 MURC                       4.5
 NLI Research               5.7
 Nomura                     6.5
 Norinchukin                4.5
 SCB Rch Inst               5.0
 SMBC Nikko Sec             7.5
 Sumitomo Asset             4.7  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below