January 17, 2018 / 5:16 AM / 3 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル、0.80米ドルの節目試す展開 国債発行に強い需要

[シドニー 17日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが昨年9月以降初めて0.80米ドルを試す展開となった。ただ、その後は利食い売りで押し戻されている。

豪ドルの対米ドル相場は0.7964米ドル近辺。一時は0.7999米ドルまで上昇した。

市場筋によると、15日の高値(0.7979米ドル)上抜けで、ストップロスの買いが誘発された。

0.80米ドルはテクニカル的に重要な節目で、この水準を上回れば、昨年9月に付けたダブルトップ(0.8105米ドルと0.8125米ドル)に向けた道が開かれる。

オーストラリア債務管理庁(AOFM)は、シンジケート団を通じた2029年償還債の発行で96億豪ドル(76億5000万米ドル)を調達。豪資産への旺盛な需要が鮮明となった。

国内の経済指標も引き続き堅調で、この日発表された1月消費者信頼感指数は前月から上昇し、4年ぶり高水準を記録した。

ニュージーランド(NZ)ドルの対米ドル相場は0.7258米ドル。15日に付けた4カ月ぶりの高値(0.7315米ドル)を下回っている。

乳製品国際価格指数の上昇は供給サイドの制約が一因とみられ、それほど支援材料になっていない。

豪国債先物は下落。3年物は1.5ティック安の97.780、10年物は1ティック安の97.2150。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below