Reuters logo
上海外為市場=人民元は小幅高、週間上昇率は1カ月ぶり高水準に
November 17, 2017 / 5:40 AM / in a month

上海外為市場=人民元は小幅高、週間上昇率は1カ月ぶり高水準に

[上海 17日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで小幅上昇。海外市場でのドルの下落に支援されており、週間では1カ月ぶりの良好なパフォーマンスとなる見通しだ。ただ企業のドル需要の高まりで上値は抑制されている。

ドルは、ロシアの米大統領選干渉疑惑を捜査するモラー米特別検察官がトランプ氏陣営に対して文書の提出を求める召喚状を出したとのウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙の報道を受けて下落した。

これに加え、米税制改革の進展具合が引き続きドルの主要リスクになっていると市場筋は指摘している。

中国人民銀行(中央銀行)は17日の取引開始前に人民元の対ドル基準値を1ドル=6.6277元と前日の基準値(6.6286元)と比べ、9ポイント元高・ドル安水準に設定した。

市場筋によると、17日の基準値は市場予想とほぼ一致した。

国内スポット市場の人民元は、6.6250元で始まった。中盤のレートは6.6266元で、前日終値比で17ポイントの元高水準。

中盤の水準でこの日終了すれば、週間ベースでは0.22%高と上昇率は10月半ば以来の高水準となる。前週は約0.05%安だった。

中国の銀行のトレーダーは、午前の取引では企業のドル需要が元の上値を抑えたと指摘した。

一部の市場参加者は、通常年末には企業や世帯のドル需要が高まり、元に下向きの圧力がかかると指摘するが、今後数週間に人民元の大幅な下落は見込んでいない。

通貨バスケットに対するオフショア人民元相場の日々の動きを示すトムソン・ロイター/HKEXグローバルCNH指数は95.32と、前日の95.43から低下した。

オフショア市場の人民元は6.6268元と、国内の水準に比べて2ポイントの元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below