March 22, 2018 / 5:08 AM / 4 months ago

上海外為市場=人民元は1週間ぶり高値、基準値の元高設定で

[上海 22日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対米ドルで1週間ぶり高値。米連邦準備理事会(FRB)が年内3回の利上げ見通しを維持したことでドルが幅広い通貨に対して売られ、元の基準値(中間値)が元高水準で設定された。

中国人民銀行(中央銀行)は22日、7日物リバースレポ金利を5bp(ベーシスポイント)引き上げ2.55%にしたと発表。国内の金融リスクに対する規制を強化する一方で、世界市場の動向も注視していることを示す象徴的な動きとみられる。

元のトレーダーによると、人民銀によるこの動きは想定の範囲内であり、外為市場のセンチメントに対する影響はみられないという。

人民銀はこの日の人民元の対ドル基準値(中間値)を15日以来の元高水準となる1ドル=6.3167元に設定した。前営業日の基準値(6.3396元)と比べ229ポイント(0.36%)の元高。率としては2月27日以来の大幅な元高設定となった。

スポット市場の人民元は6.3196元で始まった後、中盤時点で6.3190元で推移。これは前日終値に比べ94ポイントの元高となる。

トレーダーによると、元の上昇はドル安に反応したものだが、法人顧客の一部が22日朝に安値拾いのドル買い/元売りを出したため、元の上値は限られたという。

みずほ銀行のシニア通貨ストラテジスト、Ken Cheung氏は「元安は大きな懸念ではなく、5bpの引き上げで十分だ。そして、人民銀は規制改革を進め穏やかなインフレ圧力を受ける中、積極的な金利引き上げには慎重になっている」との見方を示した。

キャピタル・エコノミクスのシニア中国エコノミスト、ジュリアン・エバンス=プリチャード氏はリポートで、人民銀の決定は「資金流出と元安圧力を最小限にとどめる」のが目的だと指摘した。

主要6通貨に対するドル指数は89.528と、前日終値の89.783から低下した。

オフショア市場の人民元は6.3130元と、オンショアの水準に比べて0.10%の元高。オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.4316元と、基準値に比べ1.79%の元安で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below