April 24, 2018 / 7:34 AM / 7 months ago

シドニー株式市場・大引け=1カ月超ぶり高値、金融株が主導

    [24日 ロイター] -   
 豪                           終値    前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200        5,921.600  + 35.600   + 0.60   5,886.00  5,928.800  5,879.600
 指数                                                                         
 前営業日終値             5,886.000                                                    
 
    24日のシドニー株式市場の株価は銀行株が主導して続伸し、1カ月超ぶり高値を付
けた。弱めの消費者物価指数(CPI)統計を受け、緩和的な金融政策が当面維持される
との見方が裏付けられた。しかし、アルミニウム相場の下落基調を反映した素材株安に上
値は抑えられた。
    S&P/ASX200指数は前日終値比35.6ポイント(0.6%)高の
5921.60で終了した。
    1─3月期のCPIは低調で、基調インフレ率は中銀目標(2─3%)割れの状態が
3年目に入った。発表を受け、利上げは当面ないとの観測が改めて強まった。
    指数の上昇分の大半を金融株が占めた。金融株 は約1%上昇し、2週間ぶり
近くの高値を記録した。コモンウェルス銀行が1.1%高、オーストラリア・ニ
ュージーランド銀行(ANZ) が0.7%高。 
    一方、指数の下落分のほとんどを素材株が占めた。素材株はアルミ相場安に圧迫され
た。ボーキサイト採掘のサウス32 は9.6%安で、1日の下落率としては最
大を記録した。
    リオ・ティント は2.6%安だった。鉄鉱石採掘のフォーテスキュー・メ
タルズ は約2.4%安。1─3月期の鉄鉱石出荷が中国の需要減を背景に2%
減少したことが嫌気された。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below