April 18, 2019 / 2:15 PM / 3 months ago

米ハネウェル、第1四半期は予想上回る 航空部門好調

[18日 ロイター] - 米複合企業ハネウェル・インターナショナルが発表した第1・四半期決算は、航空旅客需要の高まりで航空機部品などの需要が押し上げられ、利益が予想を上回った。好調な四半期決算を受け、通年の業績見通しを上方修正した。

第1・四半期の1株利益は1.92ドルと、リフィニティブⅠBESがまとめたアナリスト予想平均の1.83ドルを上回った。

売上高は一部資産売却が重しとなり、約15%減の88億8000万ドルとなったが、アナリスト予想の86億4000万ドルは上回った。

調整後の売上高はすべての部門で増加。中でも主力の航空宇宙部門は10%増となった。航空旅客需要が増加していることで、航空電子機器やブレーキシステムのほか、機内の高速インターネット接続サービス関連の売上高が増加。グレッグ・ルイス最高財務責任者(CFO)はロイターに対し、ビジネスジェット需要も底堅く推移しているとし、「この点でハネウェルにとって米国が極めて力強くなっている」と述べた。

このほか、電子商取引が活発になる中、米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムなどへの商品発送拠点の自動化機器などの販売も伸びている。こうした事業を含むセーフティ・プロダクティビティソリューションズ部門の売上高は9%増の15億8000万ドルだった。

2019年通年の業績見通しについては、売上高が365億─372億ドルになるとし、従来の360億─369億ドルから上方修正。1株利益は7.90─8.15ドルとし、7.80─8.10ドルから上方修正した。通年の手元流動性見通しは140億ドル。

序盤の取引でハネウェルの株価は3.6%高の168.85ドルとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below