October 18, 2019 / 7:54 AM / a month ago

中国・香港株式市場・大引け=中国、1カ月ぶり大幅安 GDP統計を嫌気

    [上海 18日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         2,938.1413  - 39.1929     - 1.32  2,982.341  2,987.2035   2,933.2424 
                                                               7                
 前営業日終値         2,977.3342                                                           
 CSI300指数<.C   3,869.378   - 55.844     - 1.42  3,935.420   3,940.541    3,864.965 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          3,925.222                                                           
 
    中国株式市場は1カ月ぶりの大幅安。週間ベースでも値下がりした。米中貿易戦争が
続く中、第3・四半期の中国の国内総生産(GDP)が予想を下回り、中国経済に対する
懸念が深まった。
    上海総合指数終値は39.1929ポイント(1.32%)安の2938.
1413。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は55.844ポイント(1.42%)安の3869.378。
    週間ベースではCSI300指数が1.1%安、上海総合指数が1.2%安。
    中国国家統計局が18日発表した第3・四半期のGDPは前年比6.0%増と、伸び
率は市場予想を下回り、1992年の四半期統計開始以来、最低だった。米中貿易戦争の
影響による製造業の生産低迷が響いた。
    最近の弱い中国経済指標は内需と外需の低迷を浮き彫りにしている。それでもなお、
アナリストの大半は、過去の緩和サイクルで積み上がった債務が残るなか、当局が積極的
な刺激策を打ち出す余地は限られているとみている。
    華宝信託(上海)のエコノミスト、Nie Wen氏は予想を下回るGDP成長率は製造業
をはじめとする輸出関連業種の弱さが原因と分析。
    「輸出が回復する見込みがなく、不動産部門の伸びが鈍化する可能性もあるため、中
国経済への下押し圧力は継続する公算が大きい。第4・四半期の成長率は5.9%に落ち
込む見込み」と述べた。
    「当局は政策を緩和する見通しだが、一段と控えめな形になる」と予想した。[nL3N2
730MC]
    セクター別指数は軒並み下落。不動産、インフラが下げを
主導した。
    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below