July 23, 2020 / 5:31 AM / 15 days ago

上海外為市場=人民元約1週間ぶり安値、米中対立激化で

[上海 23日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、米中対立の激化を受け、対ドルで約1週間ぶりの安値付近で推移している。

米国は22日、テキサス州ヒューストンにある中国総領事館を3日以内に閉鎖するよう命じた。またトランプ大統領は、米国内にある他の中国の在外公館閉鎖は「いつでもあり得る」と述べた。

これに対し、中国は報復措置を示唆している。

オンショア人民元は1ドル=7.0088元で取引を開始し、一時は7.0148元まで下落した。中盤時点では前日終値比65ポイント安の7.0054元。

人民元は22日、領事館閉鎖の報道を受け1週間ぶり安値の7.0169元まで下落した。

この日の人民元の対ドル基準値は1ドル=6.9921元。前日基準値(6.9718元)より203ポイント(0.3%)元安だった。

オフショア人民元は中盤時点で1ドル=7.0074元。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below