Reuters logo
上海外為市場=人民元が約1カ月ぶり安値、米税制改革期待でドル高
2017年9月28日 / 06:01 / 2ヶ月前

上海外為市場=人民元が約1カ月ぶり安値、米税制改革期待でドル高

[上海 28日 ロイター] - 上海外国為替市場で人民元はドルに対して約1カ月ぶり安値をつけた。米トランプ政権の税制改革が進展しているとの期待からドルが上昇していることが背景。

市場関係者によると、中国の主要国有銀行は、人民元の一段安を阻止するために小規模のドル売りを行っている。

人民元はドルに対して8月初旬に21カ月ぶり高値をつけたが、それ以降3%超下落している。

人民銀行はこの日の人民元対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.6285元と、4営業日連続で元安に設定した。8月29日以来の元安水準で、前日の基準値(6.6192元)よりも0.14%の元安水準。

スポット市場の人民元は1ドル=6.6410元で取引を開始。その後、6.6605元と8月25日以来の元安水準をつけた。

中盤時点では6.6572元と、前営業日終値比で147ポイント元安。基準値比で0.43%の元安水準となっている。

市場関係者によると、この日金融機関によるかなりのドル需要があり、人民元安が進んでいると指摘。国有銀行は6.65元近辺で小規模のドル売りを余儀なくされていると説明した。

オフショア人民元は1ドル=6.6609元で、オンショアのスポット人民元と比べて0.06%元安。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は1ドル6.8185元で、基準値比2.79%の元安水準。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below