Reuters logo
シドニー外為・債券市場=NZドルは1週ぶり高値、豪ドル横ばい
2017年11月1日 / 02:03 / 24日前

シドニー外為・債券市場=NZドルは1週ぶり高値、豪ドル横ばい

[ 1日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、ニュージーランド(NZ)ドルが1週間超ぶりの高値を付けた。約9年ぶりの水準に改善した第3・四半期のNZ失業率が支援した。一方、豪ドルは小動きだった。

NZドルは約1%高の0.6915米ドルまで上昇し、10月24日以来の高値となった。

NZ統計局が発表した第3・四半期の就業者数は2.2%増と予想の0.8%増を上回った。労働参加率は71.1%と過去最高だった。

堅調な経済指標が投資家心理の改善につながったが、アナリストの見方は慎重。キウイ銀行のチーフエコノミスト、ゾー・ウォーリス氏は「NZ中銀は、われわれと同様、直近数四半期における雇用関連指標に不安定さを見いだすだろう」と指摘した。

一方で「堅調な雇用指標はインフレ圧力の上昇を示唆している。来年にかけて賃金上昇圧力が増し、中銀が示している時期よりも早い段階で利上げが実施されるだろう」と述べた。

NZ中銀は現在、2019年までは利上げを実施しないと想定している。

トムソン・ロイターのデータによると、NZドルの出来高は指標発表後に急増。対豪ドルでは2週間ぶりの高値となった。

豪ドルは0.7658米ドル付近と横ばい。直近4営業日は0.7625/0.7700米ドルの狭いレンジで推移している。経済や政策の動向を見極めるために2日の豪住宅着工許可件数や貿易収支、3日の小売売上高の発表待ちという。

NZ国債価格は下落。利回りはカーブ全体で約1.5ベーシスポイント(bp)上昇した。

豪国債先物も下落。3年物は97.980、10年物は97.290とそれぞれ2ティック安となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below