June 28, 2018 / 5:46 AM / 3 months ago

東南アジア株式・中盤=大半が下落、ジャカルタは1年超ぶり安値

[28日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は大半が下落。マニラ市場は反落し、ジャカルタ市場は1年超ぶりの安値に急落。米中貿易摩擦の激化を受け、リスク回避の動きとなった。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは反落。前日は、2.4%高だった。

SMインベストメンツは1%超下落。SMプライム・ホールディングスは2.2%安。

ジャカルタ市場の総合株価指数は急落し、2017年5月以来の安値。インダ・キアット・パルプ&ペーパーは4%近く下落。グダン・ガラムは1.6%安。

インドネシア・ルピアは約0.7%下落し、2015年10月以来の安値。 一方、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は約0.1%高。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below